仕上げ加工・治具製作

射出成形後の追加工

試作品の製作では試作金型製作後も部分的に製品形状を変更、もしくは改造検討したいという要望があります。
そこで、射出成形後の製品に対して、形状の微調整加工、改造前の確認検討として追加工なども対応しています。
小ロット成形では金型上にスライド構造など複雑な構造を必要とする製品であっても、追加工で対応できる場合には、コスト削減と工期短縮のために金型製作時に追加工での対応を提案させて頂く事があります。


治具製作


治具とは・・・作業を効率良く進めるために使う道具の総称です。
試作加工では様々な形状の製品を製作します。製品の形に応じて効率良く作業を進めるためにも、治具製作は重要な仕事と考えています。
加工用の治具製作のノウハウは、他分野でも活用できることがあります。
検査治具、評価試験治具、自動加工用補助具、搬送治具、組立治具など産業用の治具の他にもプラスチック加工で生活補助具も製作しています。

 


手加工、手仕上げ


製品製作においては全ての工程を機械に任せる事は難しいを考えています。
最後は人の目で見て、手で触り感触を確かめながら製品の良し悪しを確認し、機械加工では施せない職人の手仕上げでほんの少しだけ調整を行います。
調整の他にコネクタパーツへの端子圧入、アッセンブリ、アウトサートナットの圧入なども行います。

 


▲ このページのTOPへ