株式会社ミヨシとは

企業理念

人類と地球の関係を考え、人の役に立つものづくりを行う 企業理念

私たち、人類は道具を使うことにより今日まで発展してきました。
道具や人工的に作る物は、私たちが豊かな生活をするためには欠かせないものになっています。
道具を作ることや使うことは私たち人類が進歩してきた証ですが、地球上の資源を使うことには変わりありません。使う資源は、いわば地球から借りているものであり、いつの日か地球に返さなければいけません。
産業革命以降、急速に発展した技術は、地球環境のバランスを崩すためではなく、効率よく発展するためだと考えています。
弊社は先人たちが培った技術に敬意を払い、ものづくりにたずさわるにあたり人類と地球の関係を考え、人類がより良い発展ができる手伝いをしたいと考えています。

株式会社ミヨシ
代表取締役 杉山耕治

環境方針

株式会社ミヨシは美しい地球環境を未来へ残すために、環境保全を重要課題の一つとし、地球環境と地域社会との調和を保ちながら発展していくことを目指します。

  • 自社において環境負荷低減の目標を作成しPDCAサイクルにより実行、持続する
  • 環境に関する法規を遵守し地域社会とのより良い調和を目指して行動する
  • 環境目標として以下の4項目を重要項目とする
    • エネルギーの無駄な使用を控えCO2排出の削減に努める
    • 生産活動における廃棄物の分別を実施しリサイクルを励行する
    • 水資源を保つ為に一人一人が節水に心がける
    • 環境負荷の少ない物品の購入を心がける
  • 環境方針は従業員に周知し一丸となって遂行する
環境活動レポート

会社概要

商号
株式会社ミヨシ

創業
昭和47年3月

設立
昭和57年12月

資本金
3500万円

所在地
〒124-0025 東京都葛飾区西新小岩5-19-14

TEL
03-3692-0662

FAX
03-3696-9557

代表取締役
杉山 耕治

従業員数
20名(2016年1月現在)

事業内容
プラスチック射出成形金型製作、射出成形、治工具製作

営業品目
自動車部品・OA機器・AV機器・コネクタ・ワイヤーハーネス、搬送機器などの成形品の製作・開発、研究用の金型、治具類の製作、製品設計補助など

営業カレンダー
株式会社ミヨシ 2017年営業カレンダー

2017年営業カレンダー


地図

大きな地図で見る

沿革

弊社は杉山文夫が1972年に杉山彫刻として事業開始いたしました。
最初は金型の文字彫刻やプラスチック製品のモックアップを手掛けておりました。
事業を展開していくにつれ、ディスプレイ品、OA部品、自動車部品などの試作品製作に携わり、1品製作にとどまらず、徐々に必要とされる数量が増えるようなっていきました。

1980年代初旬、金型の価格は高価でプラスチック製品を少量生産する目的の金型であっても非常にコストがかかっていました。設計開発担当者から金型起工して製品の検証がしたくても、金型製作をしてまで製品を製作できないという悩みを相談されていました。
そこで、ミヨシでは安価で納期を短縮させる方法を模索し始めました。
砲金、真鍮、ZAS、溶射、エポキシでの型製作を試みました。
型として機能は成立するものの、母材自体の溶解温度が低いため使用方法に制約を受ける、溶接性や放電特性が悪いため設計変更による改造が困難などの理由により他に簡易金型として型材になる材料を探しました。

1983年、材料メーカーの協力のもと、アルミでの金型製作を開始。
材質はアルミの中でも硬度が高いA7075系を使用。
アルミ金型製作を試み始めた頃は材料自体の加工特性が不明瞭、組織の不均一さによる放電不良などの諸問題もありました。現在では材料自体の改善や加工方法の技術蓄積により、金型製作においては安定した加工が可能になっています。

アルミ金型の技術蓄積と同時に最終製品の製作までを目標とし、試作成形を目的として成形機を導入しました。これにより試作金型、量産金型製作後は社内でトライ成形まで対応可能になりました。

現在では、小ロット対応アルミ金型の製作、量産金型製作、トライ成形、小ロット量産成形まで対応しております。
また、試作品を加工する際に製作する治具の製作ノウハウを応用して、作業改善治具などの製作も行っています。

▲ このページのTOPへ

〒124-0025 東京都葛飾区西新小岩5-19-14 TEL.03-3692-0662 / FAX.03-3696-9557
エコアクッション21取得認定業者 / 認証・登録番号 : 0001690

平成18年度葛飾区優良工場認定業者 Copyright (C) 2010 MIYOSHI,Inc. All Rights Reserved.