• 株式会社ミヨシ 東京都葛飾区西新小岩5-19-14
  • 03-3692-0662
  • 受付時間 / 9:00〜17:40 (土日・祝日を除く)
  • ミニアニマルクリップ製品開発ストーリー

自社ECサイト『ミヨシ工房』で2024年2月より販売を開始した小さな動物型のクリップ『ミニアニマルクリップ』。
今回は、ミニアニマルクリップが製品となるまでの開発ストーリーをお話しします。




はじまりは小さな金型から


ミニアニマルクリップ製作のきっかけとなったのは、2022年5月に開催されたイベント『モノマチ2022』でのワークショップ体験のために製作したペンギン型のクリップでした。

手のひらサイズの金型を使用し自分の力で成形する手動の射出成形機INARI M12での射出成形体験は子供から大人まで幅広い世代から好評をいただき、多くの方にご参加いただきました。中には2日連続で体験しに来てくれた子供も。

▲『モノマチ2022』でのワークショップの様子

▲INARIM12と金型。金型は手のひらサイズととても小さい。


ペンギンのクリップが大好評だったことから、ヒツジ、イルカ、ゾウと少しずつ動物の種類を増やしていき、 現在のミニアニマルクリップの前身ともいえる4種類の動物型クリップが完成したのでした。




”ミニ”サイズに再製作してより使いやすく


INARI用に製作していたアニマルクリップをミニアニマルクリップとして再製作することになったのは、2023年5月のこと。

ミヨシでは毎年10月に『かつしかライブファクトリー』という工場で職人の話を聞きながら、 そこで使われている機械や道具を使用しモノづくり体験をするワークショップ型のオープンファクトリーを開催しています。

▲2023年10月に開催されたかつしかライブファクトリー

▲かつしかライブファクトリーでの工場見学の様子


ワークショップで体験してもらう内容は毎年社内で会議を行い決定しているのですが、参加者が体験できて普段使えるものを作れないかとなった時に、アニマルクリップが意見に上がりました。今まで製作していたアニマルクリップは、普段使いするには少し大きいサイズだったので、

「今度はサイズを小さくして使いやすくしてみよう!」
「使いやすくすることでクリップという役割だけではなく日常生活の色々なシーンで使ってほしい!」

という思いからこのミニアニマルクリップが誕生しました。

もちろんただサイズを小さくしただけではありません。小さくし厚みも薄くすることで紙を挟んでも跡が残りにくくなるなど使いやすさも向上。今までは紙を挟むという用途よりもポケット等に挟んで飾りのように使っていただくことが多かったのですが、メモをまとめたり本に挟んで栞代わりにするなど、より多くの用途でお使いいただけるようになりました。

▲社内会議の様子。全社員で意見を出し合い会議を行いました。

▲INARIM12用の時と比べると半分ほどの大きさに。


そうして製作した金型を使用したワークショップは参加枠いっぱいのご予約をいただき、大人から子供まで幅広い世代の方にご参加いただきました。この年は特にお子様の参加が多かったのですが、イベント終了後に、

「すごく気に入ったのでお友達にも配ったらすごく喜んでくれた!」
「かわいいクリップが作れてうれしかった。早く学校でも使いたい!」

などの嬉しいお言葉をいただきました。このかつしかライブファクトリーでの反響を受け、製品化を目指してみることになりました。

▲実際の成形体験の様子。大人から子供まで幅広い世代の方にご参加いただきました。



試行錯誤しながら目指した製品化


しかしながら、ミヨシの本業は金型製作や成形で、製品の販売については未知の領域。手探りで製品化を目指していく中で、東京TASK地域内の事業者が主となって開発・製作した製品を対象とした東京TASKものづくりアワード2023に応募。デザインやモチーフなどが評価され、奨励賞を受賞しました。

▲東京TASKものづくりアワード受賞式の様子


その副賞で2024年2月に開催された東京インターナショナル・ギフトショーへも出展。ギフトショーでは多くの方にブースへご来場いただき、TBSテレビ『ひるおび』で紹介されるなど多くの方から反響をいただきました。

その後、パッケージ製作などの販売準備を整え、2024年2月より弊社ECサイト『ミヨシ工房』での販売を開始しました。    
コットンキャンディベジタブル ミッドナイト

▲ミヨシ工房で販売中のミニアニマルクリップ




© 2019 MIYOSHI, Inc. All Rights Reserved.